カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

 

IFFAコンテストとは?  

 IFFA は「国際食肉業専門見本市」の略で、130年以上の歴史がある世界でも一番規模の大きいトレードショーです。

ドイツのフランクフルトで3年に1度開催されるこのコンテストは、ドイツ国内の食肉専門業者はもとより、世界中から参加者が増えており、ドイツ食肉連盟が品質のレベル向上と維持を目的に公正に審査・評価をしています。

 

審査項目・方法は?

審査は権威ある食肉マイスターの資格を持つ者だけが行い、食肉製品だけを評価する品質競技会はIFFAだけと言えます。

その食肉マイスター達が「味」はもちろんのこと「見た目」「食感」「香り」など100項目以上について減点方式で、一つの製品を最低でも4人で評価をし、偏りのないようにするなどしっかりと審査をします。


2019年大会は日本で初開催

2019年大会は、アジア、アフリカからの食肉関係輸入禁止により、本場ドイツでの審査会はできませんでしたが、小野商事が事務局となり、食肉マイスターを日本に呼び本場ドイツで行われる審査と同様に「日本IFFAコンテスト」を開催しました。

100以上の審査項目がある中で、満点のみ金賞という非常に厳しいコンテストですが、おかげさまでGris Hause NAGASEでは出品した7品目中、金賞5品、銀賞2品を受賞しました。また、金賞を4つ以上獲ったところには特別賞としてトロフィーまでいただけました。


 ※写真中央ドイツ食肉連合副会長エッカート・ノイン氏に肩を組まれ緊張している代表長瀬文吾

 

授賞式には審査員の
食肉マイスター来日

授賞式は11月25日、東京品川にあるグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、Gris Hause NAGASE代表長瀬文吾が出席。周りは名前を聞いたことがある全国でも有名な企業ばかりの中、個人の小さいお店の私がその場にいることが不思議でしたが、その場に行けたから自信にもつながりました。
 

金賞受賞商品

〇粗びきスモークウインナー

当店人気No.1商品
「市販のウインナーが食べられなくなった」との声多数の定番商品。




〇チーズスモークウインナー

オランダ産ゴーダチーズをたっぷり練りこみました。
焼くと、チーズと肉汁が溢れ出す


 
 

〇ガーリックスモークウインナー

にんにくとブラックペッパーの風味が
食欲をそそる

 



〇ヤークトブルスト

 

スライスしてそのままおつまみに
ガーリックとブラックペッパーがビールによく合う





〇大人の無添加スパイシーソーセージ

チリペッパーが効いた
大人の無添加ソーセージ

 

銀賞受賞商品


〇ビアシンケン

スライスしてそのままおつまみに
ワインとの相性抜群

〇子どもの無添加ウインナーソーセージ

薄めの味付けで、食感も柔らかい
「我が子のソーセージデビューはこのウインナーでした」
との声も